/

この記事は会員限定です

塩野義、新型コロナワクチン21年秋にも発売

増産へ100億円超投資も

[有料会員限定]

塩野義製薬は2021年秋にも新型コロナウイルスのワクチンの市場投入を目指す。国立感染症研究所(東京・新宿)と共同で進める研究開発と並行し、1000万人規模のワクチン生産体制の構築に向けて100億~200億円を投じる検討に入った。通常は臨床試験(治験)の結果を受けて生産体制を整えるが、早期のワクチン提供のため異例の対応をとる。

塩野義の手代木功社長が日本経済新聞社の取材で明らかにした。塩野義は子会社のUMNフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン