/

この記事は会員限定です

ウクライナ侵攻 危機の世界秩序(9) アジア安定、日本が動く時

[有料会員限定]

プーチン・ロシア大統領がウクライナ東部の親ロシア派地域への派兵に動いた翌2月23日。岸田文雄首相はロシアによる日本での国債発行・流通などを禁じる制裁を発表した。米欧より1日ほど遅れての決定だった。

日本はその後も、米欧を後から追いかけるように追加制裁を続けた。タイミングは遅れたが、米欧からはひとまず「今回については、日本は我々と完全に一枚岩だ」(米当局者)と、安堵の声が漏れる。

融和路線と決別

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン