/

この記事は会員限定です

日本、検査体制なお課題

経財相「感染ゼロ17県、解除視野」

[有料会員限定]

日本政府は緊急事態宣言を解除する基準を14日までに示す。一定の水準を満たせば宣言の期限である31日より前にも解除する。現在はPCR検査数が他国より圧倒的に少なく、感染実態の把握は不十分だ。検査や医療の体制を整備しなければ、感染再拡大や医療崩壊のリスクがある。

西村康稔経済財政・再生相は基準の候補を4つあげた。(1)直近2~3週間の患者数(2)感染経路が不明な患者数(3)PCR検査を含む医療体制(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン