UPDATE 知の現場山梨大学 研究推進・社会連携機構 技術の種、地域にまく

2020/5/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

山梨大学の「研究推進・社会連携機構」は大学の研究成果と、企業や地域社会のニーズを結びつける要の役割を担う。学内で進行中の研究テーマを探り、特許など知的財産を管理する。企業や自治体など外部からの相談にワンストップで対応し、共同研究などに結びつける。教授らが自らの人脈で着手した共同研究の後方支援も担っている。

■ ■

「大学には、まだまだ活用し切れていない多くの技術や研究などのシーズ(種)がある。機構…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]