/

この記事は会員限定です

筑波大、大学院を1つに

将来見据え専攻の壁なくす 「多分野に精通」人材育む

[有料会員限定]

筑波大学は4月から大学院の教育改革を本格的に始めた。従来の研究科や専攻といった組織の壁をなくし、将来は大学院を1つの組織に集約する。大学院生が高い専門性を持ちながら幅広い分野の学修や研究が可能になる。国内の大学では初の取り組み。さまざまな深い専門知識を身に付けたい学生や社会のニーズに対応した改革で、全国の先駆けとなりそうだ。

「大学院は研究科・専攻の壁が厚かった。誰でも、どこでも勉強できるように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません