/

刺さる歌詞 「瞳」「空」→「世界」

博報堂生活総研 言語処理技術でヒット曲分析

[有料会員限定]

歌は世につれ、世は歌につれ――。普段何気なく聴いている曲の歌詞に注目してみると、実は単語や言葉遣いなどに世相が表れている。博報堂生活総合研究所は2月、昭和から令和までの間に流行した曲の歌詞を分析したリポートを発表した。高頻度で使われている動詞や名詞などから、各年代の景気や価値観が見えてくる。

分析の対象としたのは、1980年から2020年のオリコンチャート年間シングルランキングに入った上位100...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません