/

この記事は会員限定です

閑散な都市部 事故大幅減も死者増加

交通ルール無視目立つ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策として外出自粛が続くなか、東京都などの都市部で交通死亡事故が増えている。市街地の交通量や事故の総数は減少しているが、スピード違反や歩行者の無理な横断が重大事故につながっている可能性がある。

東京都品川区で4月14日夜、国道1号を横断しようとした90歳の女性が車にはねられて死亡した。車は黄色信号でスピードを落とさず、女性は信号が青に変わる前に横断歩道に入ったとみられる。現場は見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン