/

この記事は会員限定です

ロシア取引「清算」に注意

弁護士 大川信太郎氏

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻で各国が経済制裁を強めている。企業の対応について大川信太郎弁護士は「制裁対象の取引の有無についてサプライチェーン全体のチェックや、契約内容の確認などが重要だ」と話す。見落としがちなのが、契約解除の際の清算も制裁対象になる恐れがある点という。

ロシア側と継続的に取引していた場合、解除に伴って金銭の授受が発生する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン