/

この記事は会員限定です

唯が行く! 横道誠氏

障害の当事者視点で創作

[有料会員限定]

多くの文学作品を引用しながら、発達障害者の感覚を詩や論文のように記した『みんな水の中』で話題となった文学研究者だ。実はASD(自閉症スペクトラム障害)やADHD(注意欠陥多動性障害)の当事者でもある。「疾患の悩みを乗り越える方法を探る当事者研究を、文学や芸術に結びつけられないか」と、研究に取り組むグループの様子を物語ふうに表現した。

躁鬱(そううつ)病を疑う大学生・唯を中心に、なめらかに言葉を発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません