/

この記事は会員限定です

「巣ごもり消費」売れ筋変化 在宅勤務の拡大映す

菓子やギョーザの皮人気

[有料会員限定]

外出自粛による「巣ごもり消費」の売れ筋が変わり始めた。在宅勤務の広がりや休校の長期化で、スナック菓子や家族で調理を楽しめるギョーザの皮の販売が伸びる。一方で、乾パスタや冷凍食品など保存性の高い商品の伸びは鈍る。一時期の買いだめの混乱は収まり、嗜好性や家族だんらんなどを重視した買い物が増えつつあるようだ。

日経POS(販売時点情報管理)の3月21日から4月29日までのデータを分析した。全国約460の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り591文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン