/

この記事は会員限定です

アビガン承認には時間

柔軟性欠く日本の審査

[有料会員限定]

日本ではレムデシビルの使用について承認審査を大幅に簡略化する「特例承認」を活用する。一方、レムデシビルと同様のウイルス増殖抑制の機能を持つ、国産の新型コロナ治療薬候補「アビガン」の国内承認には時間がかかりそうだ。

日本政府が治験後に特別な措置で承認しても、アビガンの国内実用化は今夏になる見通し。

治験終了後に改めて審査、承認しなければ医療現場で使えない日本の承認審査の仕組みは米国に比べ柔軟性に欠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン