/

この記事は会員限定です

ウクライナ対応、公明党に重み

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻への対応で、日本政府は米欧に比べて少しずつ遅れている。いまは外交と国際協調が主眼だが、すぐに物価高など国内の経済対策に焦点は移る。その時、首相官邸主導で機敏に動けるかとなると、はなはだ心もとない。

最大の問題は与党との調整だ。首相は自らが所属する自民党宏池会と源流を同じくする麻生太郎副総裁、かつての「保守本流」の同根派閥の会長である茂木敏充幹事長との連携に重きを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません