/

この記事は会員限定です

中国上場企業、53%減益

1~3月最終、資源・車など幅広く下落

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国企業の業績悪化が一段と深刻になっている。上場3725社の2020年1~3月期は純利益が前年同期に比べ53%減少した。原油価格の下落が直撃した資源大手のほか、自動車や航空、小売りなどが軒並み落ち込んだ。4月以降も新型コロナウイルスの経済への影響が残り、20年12月期通期も最終減益になるとの見方が強まっている。

4月末までに1~3月期決算を発表した上海、深圳上場企業を対象に集計した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン