/

この記事は会員限定です

コーナン、居抜きで投資減

前期、新店の7割占める 財務改善と積極出店を両立

[有料会員限定]

ホームセンター業界3位のコーナン商事が、他業態が閉店したところに積極的に居抜き出店している。2022年2月期は新店の7割が居抜きだった。ホームセンター市場が飽和する中で店舗投資を抑えつつ成長をさぐるが、IT(情報技術)活用など稼ぐ力の向上も欠かせない。

21年7月オープンの「コーナンPROワーク&ツール(W&T)南千里店」(大阪府吹田市)は幹線道路沿いで、阪急電鉄南千里駅からも徒歩10分ほど。も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン