/

この記事は会員限定です

流体のヘリウム 動きの原因解明

[有料会員限定]

慶応義塾大学や大阪市立大学

 絶対零度(セ氏約マイナス273度)に近い流体のヘリウムの中で起きる流れの現象の原因を解明した。約80年前の物理学者が提唱した理論を実際に示す成果だという。複数の流体が関係する物理現象の解析に役立つ可能性がある。

極低温の「液体ヘリウム4」は、粘性がある「常流体」と粘性がない「超流体」の混合状態になっているとされている。これまでに、常流体では水平方向に流れる速さよりも垂直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン