/

この記事は会員限定です

国際教育交流、コロナで危機 留学の意義問い直しを

太田浩 一橋大学教授 「短期」拡大に警鐘/遠隔教育定着の機会

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大により大学の国際教育交流が危機に立っている。日米の大学で実務経験がある一橋大学の太田浩教授(比較・国際教育学)に寄稿してもらった。

新型コロナウイルスの感染拡大で大学を巡る状況は一変した。特に、大学の国際教育交流は大きな打撃を受けた。

4月入学の外国人留学生の多くが来日できず、前年度から継続している留学生も春期休暇に帰国し、日本に戻れていないケースが多い。日本人学生も海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン