/

この記事は会員限定です

就活解禁、コロナ禍3年目 ルール形骸や早期化進む

内定率2月に2割 企業の採用意欲回復

[有料会員限定]

2023年春卒業予定の大学生を対象とした採用説明会が1日解禁され、就職活動が本格的に始まった。企業の採用意欲は底堅く、2月1日時点の内定率は2割に上る。また就活ルール上は6月1日が選考解禁だが、5月末までに面接を始める企業は9割となる見通しだ。新型コロナウイルス禍で3年目の就活は、早期化と就活ルールの形骸化がさらに進みそうだ。

就職情報大手のリクルートは1日、東京ビッグサイト(東京・江東)で合同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン