日用品「コロナ高値」なお ネット出品データ解剖
マスク10倍も/消毒剤乱高下 価格、需給で振れ幅拡大

2020/5/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インターネット通販を舞台に、新型コロナウイルスに乗じた日用品の高値転売が続いている。日本経済新聞が主要サイトを調べたところ、マスクの価格は出品が途切れるたびに「暴騰」し、消毒剤は「乱高下」。価格が「安定」し始めたのは、トイレットペーパーなど一部に限られることがわかった。市場原理がむき出しになるネット空間で何が起きているのか、データを基に解剖する。

1月末から買い占めが目立ち、いまも品薄の続くマス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]