/

この記事は会員限定です

社会保障 次のビジョン(上) 経済・財政と一体的改革を

香取照幸・上智大学教授

[有料会員限定]

少子高齢化が進み経済が停滞するなか、雇用の不安定化や格差・貧困の拡大により社会の分断が進んでいる。国家財政は毎年度の歳入の約4割を赤字国債に依存し、累積した財政赤字は国内総生産(GDP)の2倍に達する。

国家財政の持続可能性が維持できなければ、社会保障の機能の持続性も確保できない。社会保障は経済成長の果実の分配だから経済成長がなければ社会保障の財源も確保できない。他方で社会保障が機能不全を起こせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン