/

この記事は会員限定です

電波伝送再現、仮想空間上で 情報通信研究機構

地形干渉検証に

[有料会員限定]

情報通信研究機構(NICT)は現実世界の電波の伝送を仮想空間上で再現する技術を開発した。実際に無線機などを整備しなくても、通信環境の試験などを手軽に行うことができる。通信会社や自動車メーカー、ドローンを開発する事業者向けに2024年度の提供開始を目指す。

地形や建物による干渉の影響を、仮想空間上でも検証できる電波伝送のモデルを開発した。仮想空間にビルや道路、車や歩行者を再現し、ビルなどに設置した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン