/

この記事は会員限定です

小売販売額4.6%減

3月、百貨店は過去最大3割減

[有料会員限定]

経済産業省が30日発表した3月の商業動態統計速報によると、小売業販売額は前年同月比4.6%減の12兆8440億円だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響が広がった。百貨店は32.7%減と過去最大の下げ幅だった。一方、スーパーの食料品や家電専門店のパソコン関連の販売が増えた。

減少は2カ月ぶりで、下げ幅は消費税率を引き上げた2019年10月(7.0%減)以来の大きさだった。季節調整済み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン