/

この記事は会員限定です

雇調金「罰則の壁」なくす

厚労省、社労士が中小支援しやすく

[有料会員限定]

雇用調整助成金をめぐり、社会保険労務士が中小企業の支援に二の足を踏んでいた申請の壁がなくなる。厚生労働省は法定書類が整わない中小企業を社労士が支援して不正が発覚しても、故意でなければ罰則を科さない特例措置を講じるためだ。同省が30日、全国の労働局に方針を伝えた。中小企業が社労士の助けを借りて申請しやすくなる可能性が高い。

都内のある社労士は「駆け込みの相談案件が無数にあるが、書類がないと聞くと不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン