/

この記事は会員限定です

中国石油2社、一転赤字

1~3月最終、原油安・コロナ響く

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の国有石油大手3社の香港上場子会社の収益が悪化している。原油価格の下落や新型コロナウイルスの感染拡大による需要減が原因だ。中国石油天然気(ペトロチャイナ)と中国石油化工(シノペック)が29日発表した2020年1~3月期決算はともに最終赤字に転落した。中国海洋石油(CNOOC)は20年12月期の投資額を約1割圧縮すると発表した。

原油生産などが主力のペトロチャイナは162億元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン