/

この記事は会員限定です

変わりゆく「暗黙知」の価値

[有料会員限定]

野中郁次郎一橋大学名誉教授が提唱した「暗黙知」と「形式知」という概念がある。筆者なりに、この概念を経済社会全体に適用してみたい。

我々が創出、伝達、入手する知識や情報を、形式知と暗黙知に分けよう。形式知は活字や映像で伝達可能なものであり、暗黙知はフェーストゥーフェースで対話・議論することによって生み出され、伝達されるものである。

これらについて筆者は次のように考えてきた。情報通信技術の普及により形...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン