失業増100万人超も 民間予想 リーマン上回る規模

2020/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大により、製造業や宿泊・飲食サービス業などの雇用が急減していることが3月の労働力調査で浮き彫りになった。政府が緊急事態宣言を出した4月以降、さらに悪化するのは避けられない見通しだ。新規求人はほぼ全業種で絞られ、失業者の増加はリーマン・ショック後の100万人を上回るとの予想もある。

総務省が28日発表した3月の労働力調査によると、完全失業率は2.5%だった。製造業に続いて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]