コロナ逆風 揺らぐ雇用 3月求人は3年半ぶり低水準
町工場「受注5~7割減覚悟」

2020/4/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの雇用への影響がさまざまな業種に広がってきた。3月の有効求人倍率は3年半ぶりの水準に低下。中小製造業の受注環境も厳しさを増し「先々の見通しが立たない」との声が目立つ。客足減少に苦しむ飲食業などの業績悪化は一段と深刻だ。失業者増が100万人を超える可能性も出ており、政府には中小企業への新たな支援策が求められる。

「既に受注した分が終わったら厳しい」。従業員約40人を抱える東京都大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]