/

この記事は会員限定です

池上彰氏 地球への貢献 若者が主役に

2020年をSDGs教育元年に ムードに流されず意義を確認

[有料会員限定]

若者たちはどのようにSDGs(持続可能な開発目標)を理解し、目標の達成につながる活動にかかわっていけばよいのだろうか。ジャーナリストで、大学教授として教壇にも立つ池上彰氏に聞いた。

――企業のSDGsに対する取り組みをどのようにみていますか。

「オフィス街でSDGsのシンボルバッジをつけた企業の関係者が増えたと感じています。SDGsは新たな成長へのキーワードですが、ブームになってはいないだろうかと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1707文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン