/

この記事は会員限定です

中国電池大手「CATL」の純利益、前期35%増

国内EV向け好調

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国の車載電池最大手、寧徳時代新能源科技(CATL)の2019年12月期決算は、純利益が前の期比35%増の45億元(約700億円)になった。中国の電気自動車(EV)向けなどに車載電池の販売が好調だった。ただ、新型コロナウイルスの影響でEV販売は落ち込んでおり、1~3月期の純利益は前年同期比20~30%減ったようだと同社はみている。

19年12月期の売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません