/

この記事は会員限定です

東南ア航空会社の国内線、タイ・マレーシアも再開

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】新型コロナウイルスの感染拡大が一部の国で落ち着きつつあるのを受け、東南アジアの航空会社が国内線の運航を相次いで再開する。ベトナムに続き、タイやマレーシアでも4月末から格安航空会社(LCC)のエアアジア・グループなどが順次運航を始める。感染防止対策をとる影響で、運賃は上がる見通しだ。

タイではLCCのタイ・エアアジアやタイ・ライオン航空が5月1日から、バンコク―チェンマイなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン