/

この記事は会員限定です

コロナ重症化 遺伝子研究

世界から参加、予防・治療薬に期待

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに感染した人が重い肺炎など重症化するリスクを、個人の体質を決める遺伝子を手掛かりに探る研究が始まった。世界30以上の研究グループが参加した国際プロジェクトは、高齢でなくても重症化した患者などを対象に遺伝子を調べる。重症化と関連する遺伝子が分かれば、病気の予防や有効な治療薬の開発に役立つと期待される。

3月、フィンランドのヘルシンキ大学の研究者らが世界の研究者に対して、新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン