日航、3000億円融資を要請 主要銀に、旅客減の長期化備え

2020/4/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本航空(JAL)がメガバンクなど主要な取引先銀行に対し、3000億円規模の融資を要請したことがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大で大幅な減便が続いており、この先半年程度に必要な運転資金のめどをつける。旅客減の長期化に備え、政府系金融機関を含めて6000億円規模の調達を検討する。

JALは足元で国際線の9割、国内線の6割を減便している。旅客収入の大半がなくなっている一方、人件費や整備費などの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]