/

この記事は会員限定です

三菱自・日産・ホンダ、新型車の納期に遅れ

工場の停止で

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、新型の乗用車の顧客への引き渡し時期が遅れ始めた。三菱自動車が3月に発売した軽自動車は2週間程度遅れ、日産自動車ホンダなどでも影響が出ている。国内外の乗用車工場での生産の一時停止が響く。新型車は販売をてこ入れする最重要の商品なだけに、納期遅れは顧客獲得の痛手になりそうだ。

三菱自は新型の軽自動車「eKスペース」の納期が遅れ始めた。水島製作所(岡山県倉敷市)を3月27日~4月14日まで止めてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン