AI・バイオ 積極投資
ネットキャッシュ増加額の使途

2020/4/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業の資金繰りに注目が集まっている。中堅上場企業「NEXT1000」を対象に3年間の正味の手元資金(ネットキャッシュ)の増加額をランキングしたところ、人工知能(AI)やバイオなどの企業が上位に入り、研究開発に投資する攻めの姿勢が目立った。1位はAI開発のPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]