/

この記事は会員限定です

生保マネー、日本国債回帰 今年度3000億円規模増

外債利回り低下

[有料会員限定]

国内主要生命保険会社の2020年度の運用方針が24日、出そろった。利回りが低いため減少していた日本国債への投資額が純増に転じる見通しだ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、海外の中央銀行が金融緩和に踏み切った結果、外国債の金利が低下して日本国債の魅力が相対的に増したためだ。各社は新型コロナ禍の環境下でリスクを抑えた運用を探る。

日本経済新聞社が日本、第一、明治安田、住友、富国、太陽、大同、朝日、大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン