飛沫感染防ぐ透明シート AGC、5割増産

2020/4/25付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、従業員を飛沫感染から守るアクリル板や塩化ビニールシートなどの需要が急増している。小売店や金融機関などが相次ぎ導入しているためだ。アクリル板向け素材で大手の三菱ケミカルホールディングス(HD)は足元の受注が前年より3割増えた。AGCもシートを5割増産するなど素材メーカーも対応を急いでいる。

アクリル板やビニールシートは、オフィス内を区切ったり、小売店のレジに設置…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]