/

この記事は会員限定です

飛沫感染防ぐ透明シート AGC、5割増産

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、従業員を飛沫感染から守るアクリル板や塩化ビニールシートなどの需要が急増している。小売店や金融機関などが相次ぎ導入しているためだ。アクリル板向け素材で大手の三菱ケミカルホールディングス(HD)は足元の受注が前年より3割増えた。AGCもシートを5割増産するなど素材メーカーも対応を急いでいる。

アクリル板やビニールシートは、オフィス内を区切ったり、小売店のレジに設置したりする。緊急事態宣言下でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り753文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン