ボルトやボタン AIで品質検査 スカイディスク

2020/5/9付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

人工知能(AI)スタートアップのスカイディスク(福岡市)などは、ネジやボルト、ボタンなどの品質をAIを使って効率的に検査する機器を発売した。AIがカメラで撮影した画像を診断し、不良かどうか瞬時に見分けることができる。検査員の目視による検査より精度や効率が高まるとして、製造業中心に需要を見込む。

検査機器開発のスタートアップ、シナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]