/

この記事は会員限定です

自民は「辞退」 立民は「寄付」

コロナ対策一律10万円給付

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の一律10万円給付の受け取りを巡り、与野党で対応が割れた。与党が辞退に傾く一方、野党は受け取ったうえで寄付に回す政党が多い。

自民党は党所属国会議員は受給を辞退する方向で調整する。二階俊博幹事長は「できるだけ共感が得られる形で処理したい」と述べた。政府は閣議で閣僚、副大臣、政務官も受け取りを辞退すると申し合わせた。

公明党の山口那津男代表は「それぞれの議員が判断すべきことだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン