/

この記事は会員限定です

軽症「宿泊療養を基本に」 厚労相が転換

[有料会員限定]

加藤勝信厚生労働相は23日、新型コロナウイルスに感染した軽症者について「ホテルなど宿泊施設での療養を基本としてもらう」と述べた。これまで宿泊施設のほかに自宅での療養も認めていた。感染した人の容体が急変したり、家族に感染したりするケースが出ており、軽症者も医師や看護師が対応できる宿泊施設を原則にする。

感染者が急増している地域で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン