/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言の発令後、テレワーク実施27%

民間調査、「通常出勤」53%

[有料会員限定]

パーソル総合研究所(東京・千代田)がまとめた調査によると、緊急事態宣言の発令後のテレワーク実施率は前月比2倍の27%となった。対象の7都府県は38%、東京都は49%で、新型コロナウイルスの感染防止に向けて政府が要請した出勤者7割減には達していない。外出自粛の推進には業務の環境整備に加え、書類や押印など企業の取引慣行の見直しが課題となりそうだ。

調査名は「新型コロナウイルス対策によるテレワークへの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り568文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません