/

この記事は会員限定です

半導体商社、多角化急ぐ

豊田通商系、無人搬送車を開発

[有料会員限定]

半導体商社が自動運転車や搬送ロボットの企画や開発、風力発電などの新規事業などへの業容拡大を急いでいる。日本の半導体製造が台湾・韓国勢に押され、主要顧客の電機産業も海外に移っている。提案力や顧客企業とのつながりを生かした新機軸を打ち出し、生き残りを目指す。

半導体商社の国内最大手、マクニカ・富士エレホールディングスは商材であるセンサーを活用した自動運転車両の開発に乗り出す。大手車メーカーから仕入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン