/

この記事は会員限定です

原発処理水に悩む福島経済界

風評対策で問われる知恵

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故で増え続ける汚染水の処理方法を巡り、地元経済界が苦悩を深めている。浄化した後も残る放射性物質トリチウムを含む水に関し、国の委員会は2月、海洋放出を事実上の第1案とする報告書をまとめた。観光関係者には損失補償を条件に容認する声もあるが、風評を懸念する漁業者らは反発を強めている。

「地元で生活を再建することを第一に考えている。海洋放出に反対せざるを得ない」。4月上旬、国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン