NTT、最大3兆円現金化 割賦債権・不動産・発電所など 成長投資・株主還元に活用

2020/4/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

NTTはグループ全体で保有資産の圧縮に乗り出す。携帯電話の割賦債権や不動産、データセンターの設備など、最大3兆円規模の資産を証券化や売却の対象にする。生み出した現金は成長のための投資や株主還元に活用する方針。NTTによる国内最大規模となる「持たざる経営」へのシフトで、資産効率を高めようとする日本企業の動きが広がる可能性もある。

NTTドコモやNTT都市開発などグループの900社超で保有する連結総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]