/

この記事は会員限定です

取締役候補の専門性を一覧に 株主総会招集通知で

キリン・資生堂、今年から

[有料会員限定]

取締役候補の専門知識や経験を一覧表にまとめた「スキルマトリックス」を株主総会の招集通知に掲載する企業が増えている。12月期決算企業ではキリンホールディングス(HD)や資生堂電通グループ、クボタなどが2020年から載せた。財務や事業戦略など取締役に期待する能力を分かりやすく示し、取締役会での議論や株主との対話の活性化を狙う。

新型コロナウイルスまん延で事業活動が混乱する中、危機下での経営方針を投資家に伝えられるため、6月以降に総会を開く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン