「置き配」盗難に保険 東京海上、普及後押し

2020/4/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宅配便を受取人が指定した場所に置く「置き配」向けの民間保険ができる。東京海上日動火災保険は月内に、置き配で配達された荷物が盗まれたときの再購入費用を補償する専用の保険を売り出す。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、受取人と配達員の間の感染を防ぐ置き配の普及が進むのを後押しする。

ボックス内の荷物が配達後24時間以内に盗まれた場合に商品の再購入費用を補償する。

保険金を3万円としたときに、保険料は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]