/

この記事は会員限定です

「家でもうかる」SNSのワナ

情報商材巡るトラブル多発 休業不安つけ込まれる

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で在宅勤務をする人が増えるなか、「在宅でもうかる」などと副業を勧誘する投稿がインターネットやSNS(交流サイト)で広がっている。投資のノウハウなど「情報商材」の購入を持ちかけるものが多いが、価値の低い商材を高額で買わされたとするトラブルも多発。休業などに伴う経済的な不安につけ込まれる恐れがあり、専門家が注意を呼びかけている。

「商品を仕入れるだけ!月収数十万」。東海地方で働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン