/

この記事は会員限定です

保守派、トランプ氏に圧力

政府支援、膨張に不満 外出制限の早期緩和迫る

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領が16日、新型コロナウイルス対策で取り入れてきた外出制限を緩め、経済活動の再開に向けた指針を公表した。支持基盤である保守派から就労や外出を一律に制限する政権の方針に不満が相次ぎ、早期の再開の動きを後押しした格好だ。大企業の救済などを盛り込んだ大型経済対策にも批判が目立ち、トランプ氏は11月の大統領選に向けて保守派への配慮を迫られた。(総合4面参照

トランプ氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン