CP、発行増で金利上昇
4月上旬0.3% 企業、収入減に備え 期間も従来より長め

2020/4/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

企業が短期の資金繰りのため活用するコマーシャルペーパー(CP)の発行金利(年利回り)が上昇している。4月上旬時点で0.3%程度と、ほぼゼロ%だった3月までに比べ一段水準を切り上げた。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が停滞。現金収入の減少に対応するため企業がCP発行を急ぎ、需給が緩んでいる。

CPは社債の一種で、期間1年未満で発行する。証券保管振替機構によると、事業法人の3カ月物CPの加重平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]