三井住友FL、食品廃棄物発電を支援 設備一式をリース

2020/4/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

三井住友ファイナンス&リースは、食品廃棄物を燃料源としたバイオガス発電の支援事業に参入する。メタンガスを取り出す発酵槽や発電機などの主要設備一式を発電事業者に丸ごとリースする。最初の案件として、東京都羽村市に建設する発電所を巡り、このほど契約を結んだ。地産地消に適した分散型電源が増えるとみて、日本全国で事業を展開していく。

第1弾の案件は、発電事業スタートアップのアーキアエナジー(東京・港)が羽…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]