/

この記事は会員限定です

〈テレワーク活用のヒント〉より短期に目標設定を

パーソル総合研究所主任研究員 小林祐児氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急速に広がった在宅勤務。労務管理や意思疎通など課題も浮かび上がってきた。一段と働きやすい環境を整えるには。識者に課題と解決策を聞いた。

――テレワークの現状をどうみていますか。

「パーソル総合研究所の3月中旬までの調査で、正社員のテレワーク実施率は13.2%だった。足元の率はもっと高いだろう。ただテレワークを『希望しているができない』と答えた人は実施していない人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン