/

この記事は会員限定です

中国5県企業、21年新卒採用計画 「増やす」42%どまり

本社調査、「先行き見通せず」理由に

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が、企業の採用活動に影を落としつつある。日本経済新聞社が中国5県の主要企業を対象に行った採用計画調査によると、2021年の新卒採用を20年春より「増やす」とした回答は、前年調査に比べて4ポイント低い42%にとどまった。深刻な人手不足の一方で、コロナ・ショックは海外経済の停滞に続く重荷となりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン